マシンツールジャーナル

Machine tool to the Born 機械屋育ち

2019年1月、マシンツール ジャーナルを再開致します、最初はフライス盤ですフライス盤はアメリカで発達した工作機械ですが、フライス盤の発達史はたいへん興味深くなんでも高価な汎用機(電子制御に頼るNC工作機械)でやるんじゃ儲かりません。小生はこれをネオクラシカルアプローチと

呼んで、失われつつある機械と工法を掘り起こし皆様にご紹介しています。


マシンツール・ジャーナル アーカイブ

ご希望の方はご連絡ください

メモ: * は入力必須項目です